日本 米軍F-16の飛行再開に「極めて遺憾」

CC0 / Pixabay / F16
F16  - Sputnik 日本, 1920, 03.12.2021
日本の岸信夫防衛相は、燃料タンク投棄が問題となっていた米軍基地所属のF-16戦闘機の飛行再開について「極めて遺憾だ」と述べた。日本政府は、この問題が解明されるまで同機の飛行を停止するよう米国側に求めていた。
共同通信によると、岸氏は3日の記者会見でこのように述べた
Авианосец USS Теодор Рузвельт (CVN 71) пересекает Тихий океан - Sputnik 日本, 1920, 30.11.2021
米国防総省、オーストラリアと太平洋諸島での軍基地を増強
日本では11月30日、米軍三沢基地所属のF-16戦闘機が飛行中の緊急事態で燃料タンクを住宅地近くに投棄する事故が起きた。これを受け、日本政府は米国に、事故原因がすべて解明されるまでF-16の飛行を停止するよう求めていたが、現地の三沢市は2日、F-16の飛行が再開していることを確認している。
当時、F-16は飛行中に2個の燃料タンクを投棄した。1つは1日に青森県深浦町役場付近で、もう1つは2日に同町深浦大館の山林で発見された
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала