福島原発処理水の検証 IAEA専門家ら、訪日を延期

© AFP 2022 / Alex HaladaЛоготип МАГАТЭ на здании с лабораториями в Австрии
Логотип МАГАТЭ на здании с лабораториями в Австрии   - Sputnik 日本, 1920, 06.12.2021
福島第一原子力発電所の処理水について、国際原子力機関(IAEA)は、今月に予定していた専門家グループの訪日を来月以降に延期することを決定した。新型コロナウイルスのオミクロン株に対する水際対策で、日本政府が外国人の新規入国を停止したことなどが原因だという。6日、NHKが報じた。
日本政府はトリチウムなどを含む処理水について、基準以下に希釈し、2023年春をめどに海底トンネルを通じて海洋放出を開始する方針。これについて、IAEAは国際基準に基づいて検証し報告書をまとめたうえで、専門家からなる調査団を今月中旬に日本に派遣する予定だった
福島第一原子力発電所 処理水 - Sputnik 日本, 1920, 25.08.2021
東電 福島事故原発処理水を1キロ沖合で放出へ 海底トンネル設置完了は2年後
調査団の訪日は来月以降で再調整する一方、東京電力が実施した、人や環境への影響評価の聞き取りなど、一部はオンラインなどで開始するという。
関連記事
東京電力 福島第一原発の汚染水処理で難題山積み
日本 伊方原発3号機、12月2日に再稼働
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала