パンデミックは世界的な武器販売には影響せず、増加傾向が継続

© AFP 2022 / Iranian Army office Стрельба во время учений противовоздушной обороны Ирана
Стрельба во время учений противовоздушной обороны Ирана  - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2021
多くの国々で新型コロナウイルスのパンデミックにより経済状況が悪化したにも関わらず、2020年に世界の大手防衛企業は、自社兵器の販売量の増加を継続させた。こうした企業は主に米国企業といえる。ドイツのテレビ局「Das Erste」がストックホルム国際平和研究所の調査を引用し報じた。一方、ロシアは逆に3年連続で兵器の販売量を減らしている。
報道によれば、世界の大手兵器メーカー100社は、2020年に総額5310億ドル(約60兆3900億円)におよぶ軍事目的のサービスおよび兵器の販売を行っており、これは2019年比で1.3%の増加になることが同研究所の調査で明らかになった。特に同研究所の専門家らは、各国の経済指数がパンデミックにより低下する中で、兵器メーカーの販売は6年連続で増加したと指摘する。
調査では、兵器販売のトップはこれまで通り米国が維持していることが示された。米国の兵器企業41社が2020年に世界中で販売された兵器の50%超を製造している。テレビチャンネル「Das Erste」によれば、この分野における米企業の販売量は2850億ドル(約32兆4100億円)に達し、2019年比でおよそ2%増加したという。
米国に続くのは中国で、世界的な兵器販売で同国が占める割合は13%となり、続く英国の兵器販売量は7.1%に達する。ストックホルム国際平和研究所の報告では、欧州の26企業が2020年に総額1090億ドル(約12兆4000億円)相当の兵器を販売していることが示された。
ロシアの兵器メーカーの販売に関しては、逆に3年連続で減少していると同テレビチャンネルは報じている。また、ドイツのテレビチャンネルは、ストックホルム国際平和研究所の報告にもとづけば、2019年比でロシアの販売総額は264億ドル(約3兆円)にまで減少していると指摘する。
通信社「スプートニク」は以前、パンデミックをはじめとする経済の深刻な問題の発生でさえ、新しい兵器購入への支出増加を日本に控えさせることにはならず、そのことが同国にとって重い負担となっていると報じている。
関連ニュース
ロシアの新型戦闘機Su-75チェックメイト その特徴とは?
日本、F35A戦闘機4機を2025年にも小松基地に配備する可能性=共同通信
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала