Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

統合失調症のコロナ罹患者 死亡率は一般の5倍 研究結果

© Fotolia / Beeboys統合失調症のコロナ罹患者 死亡率は一般の5倍 研究結果
統合失調症のコロナ罹患者 死亡率は一般の5倍 研究結果 - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
マンチェスター大学の研究で、統合失調症などの精神疾患を患う人の場合、コロナウイルスの感染で死亡する確率は一般より5倍高く、また入院の確率も3倍高いことが示された。
調査で、精神疾患を持つ人は重度の精神疾患を持たない人に比べ、コロナウイルスで死亡する確率が4.84倍、双極性障害(躁鬱病)の人で3.76倍、深刻なうつ病では1.99倍であることがわかった
コロナウイルスの罹患者の中で死亡した人の割合は重度の精神疾患を持たない人では37.5%であったのに対し、精神疾患を持つ人では52.6%と半数以上が死に至っていた。
重度の精神疾患の患者のコロナウイルスの死亡率、重症化率は男性であること、少数民族に属すこと、高齢、特定の呼吸器系および代謝系疾患があることなど、さまざまな要因と一部関連がみられた。
関連ニュース
新型コロナで損傷した肺を回復させる方法 ロシアの研究者が発見
新型コロナ、ワクチン未接種者に罰金導入=オーストリア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала