Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ファイザーのワクチン、オミクロン株に一定の有効性示す=南ア研究

© REUTERSオミクロン
オミクロン - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
米社ファイザーが開発した新型コロナウイルスのワクチンは、新たな変異株「オミクロン株」に一定の有効性を示すことが判明した。南アフリカ国立保健研究所の研究結果を引用してブルームバーグ通信が報じた。
研究者らによると、オミクロン株は部分的にワクチンの作用を回避するものの、ブースター摂取により免疫力をさらに高めることができるという。
韓国 オミクロン感染者数が36人に - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
新型コロナウイルス
韓国 オミクロン感染者数が36人に
研究者らは11月20日、ボツワナと南アフリカで新型コロナウイルスが細胞に侵入する際に必要なスパイクタンパク質に32個の変異があるウイルス株「B.1.1.529」が出現したと発表した。研究者らによると、スパイクタンパク質のゲノムにみられる多くの変異は、この株は高い感染力を持ち、実効再生数(1人の感染者が平均して何人に感染させるかを表す指標)が大きくなる可能性や、回復者やワクチン接種者が保持している抗体に対して抵抗力があることを示しているが、これらの点に関して最終的な結論を出すにはまだ早いという。
関連ニュース
統合失調症のコロナ罹患者 死亡率は一般の5倍 研究結果
コロナウイルスを拡散させやすいのは誰?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала