ロシアはウラル山脈以西の全兵力をウクライナ国境に集結させる用意がある=米国務次官

© AFP 2022 / Nicholas KammПомощник госсекретаря США по делам Европы и Евразии Виктория Нуланд
Помощник госсекретаря США по делам Европы и Евразии Виктория Нуланд - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
米国政府の見通しによると、ロシア軍はウラル山脈以西の全地上部隊をウクライナとの国境付近に展開させる用意がある。ビクトリヤ・ヌーランド米国務次官が表明した。
ヌーランド国務次官が連邦議会に提出した文書によると、ロシア軍は命令があった際にウクライナに対し決定的な行動を取る上で必要なポテンシャルの強化を続けており、政府は2022年前半に侵攻が始まる可能性があると見ている。ヌーランド国務次官は、ロシア側がウラル山脈以西に展開する全地上部隊をウクライナとの国境付近に結集させる可能性があると指摘している。
 Президент РФ Владимир Путин и президент США Джо Байден во время встречи в Женеве на вилле Ла Гранж - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
プーチン、バイデン両首脳 ビデオ形式で2度目のサミット実施
米国はロシアがウクライナに侵攻した場合に備え、世界経済システムからロシアを完全に遮断し、ロシアのビジネス、及び国民に大きく影響力を行使する策を同盟国と検討している。国務次官は、仮にロシアがウクライナ侵攻した場合、「ロシアは前例のない制裁に段階的に直面することになる」と牽制した。
なお、ホワイトハウスは現時点においてロシアがウクライナ侵攻に関して最終的な決定は下していないと判断している。ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はブリーフィングで、「我々はプーチン大統領が決定を下したとはみなしていない」と発言した。また、米国政府はウクライナから米国市民を退避させる必要性についても現時点では表明していない。退避計画を始めたかとの質問に対し、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は「まだそのポイントには来ていない」と回答した。
関連ニュース
露米首脳会談、ロシアによるウクライナ侵攻の阻止を議論=米大統領
NATO外相ら、ウクライナ情勢で対露制裁を協議=NATO事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала