フォーブス誌が2021年の「世界で最も影響力のある女性100人」を発表

© AP Photo / Evan Agostini/InvisionБывшая жена Джеффа Безоса Маккензи Скотт
Бывшая жена Джеффа Безоса Маккензи Скотт - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
アマゾン創業者のジェフ・ベゾスの元妻で作家のマッケンジー・スコット氏が、フォーブス誌のランキング「世界で最も影響力のある女性100人」で首位となった。
ランキング2位には米国のカマラ・ハリス副大統領、3位には欧州中央銀行総裁で国際通貨基金(IMF)専務理事のクリスティーヌ・ラガルド氏が選出された。また、4位にはゼネラルモーターズのメアリー・バーラCEO、5位にはビル・ゲイツ氏の元妻であるメリンダ・フレンチ・ゲイツ氏がランクインした。
ウォルト・ディズニー・カンパニーの取締役会は取締役会長にスーザン・アーノルド氏 - Sputnik 日本, 1920, 03.12.2021
ウォルト・ディズニー社に初の女性取締役会長が誕生へ
同ランキングには4年連続でロシアからも選出され、ロシア連邦中央銀行のエリヴィラ・ナビウリナ総裁が選ばれている。
日本からは、日本銀行理事の清水季子氏が55位、東京都の小池百合子知事が59位に入った。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала