- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

トゥトベリーゼ門下のフィギュアスケート元金メダリストが16歳でコーチに就任

© Sputnik / Alexander Vilf / フォトバンクに移行Фигуристка Алёна Канышева в финале Гран-при среди юниоров по фигурному катанию-2018 в Ванкувере
Фигуристка Алёна Канышева в финале Гран-при среди юниоров по фигурному катанию-2018 в Ванкувере - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2021
エテリ・トゥトベリーゼ門下のロシアのフィギュアスケート選手、アリョーナ・カニシェワさんが、スポーツ学校「リーガ・フィグルノヴォ・カタニヤ」のコーチに16歳で就任した。
同校の代表はインスタグラムで、アリョーナ・カニシェワさんがトレーニングスタッフを引き受け、アシスタントコーチとしてフィギュアスケートのシニアおよびジュニアグループを担当すると発表した。
13歳の時、カニシェワさんは2018年のジュニアGPファイナルで銅メダルを獲得している。彼女はそのシーズンのJGPアルメニア大会2018とJGPオーストリア大会2018で銀メダルを獲得し、ゴールデンベア2018では優勝を果たしている。しかし、2020年にカニシェワさんは怪我により複雑なジャンプが飛べなくなったことからシングルスケートの引退を表明した。彼女はアイスダンスに転向し、アンドレイ・プイリニン選手とペアを組み、2021年には国際大会「アイススター」で優勝を果たしている。
通信社「スプートニク」は以前、エテリ・トゥトベリーゼ門下の別の女子選手の引退について報じている。カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワ選手は背中の故障により十分な練習ができないことから、フィギュア選手としてのキャリアを終えることになった。
関連ニュース
引退した選手にはチャンス? それとも進化の妨げ? ISUが年齢制限引き上げの可能性
メディアが報道 ロシアフィギュア界のスキャンダル プルシェンコ選手の息子が精神疾患?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала