マスク氏 カリフォルニアに残る最後の住処を売却 正式に住所不定者に

© AP Photo / Matt Rourkeマスク氏 カリフォルニアに残る最後の住処を売却 正式に住所不定者に
マスク氏 カリフォルニアに残る最後の住処を売却 正式に住所不定者に - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2021
スペースXの創設者でCEOのイーロン・マスク氏はカリフォルニア州ヒルズボロに持っていた邸宅を売却。フォックス・ニュースはこれマスク氏は正式に住所不定者となったと報じた。
フォックス・ニュースによると、マスク氏は19ヘクタールの邸宅を3200万ドルで売却。買い手の名前は明らかにされていない。マスク氏はこれまでカリフォルニア州内に複数の邸宅を所有していたものの、次々に売却していたため、今回売られた家は最後の住処だった。
マスク氏はこれまでに所有するすべての不動産の売却を宣言していた。
マスコミの報道によれば、今回売却された邸宅Guignécourtの名称で知られ、築100年を超える。建て主は仏のクリスチアン・デギニョ伯爵。伯爵はカリフォルニア・ゴールドラッシュの時代に一儲けした地元の名士の娘と結婚し、1912年にこの邸宅を建てた。
関連ニュース
イーロン・マスク氏 米国経済に対し中国経済が優位になると予想
スペースXのイーロン・マスク氏 社員に経営破綻リスクを指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала