ロンドン最高裁 米国によるアサンジ氏引き渡しの訴えを認める

© AP Photo / Frank Augsteinロンドン最高裁 米国によるアサンジ氏引き渡しの訴えを認める
ロンドン最高裁 米国によるアサンジ氏引き渡しの訴えを認める - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2021
ロンドン最高裁判所はウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジ氏の引き渡しを求める米国の訴えを認めた。
最高裁は米国の訴えについての審理を10月27日、28日に行っていたものの、結果は12月10日になってようやく明らかにされた。最高裁が米国の訴えを認めたことで、裁判は1月、自殺の恐れがあるとしてアサンジ氏の米国への引き渡しを認めなかったウェストミンスター地区治安判事裁判所の初審に戻される。アサンジ氏の身柄は引き続き拘束される。
アサンジ氏とマニング氏、スノーデン氏をノーベル賞に推薦 - Sputnik 日本, 1920, 05.01.2021
アサンジ氏とマニング氏、スノーデン氏をノーベル賞に推薦

ウィキリークス創始者アサンジ事件

アサンジ氏は米国がアフガニスタン、イラクでの軍事作戦で行った違法行為についての機密情報を暴露し、世界的な知名度を得た。アサンジ氏は軍事作戦で殺害された一般市民についてやキューバのグアンタナモにある米国の収容施設の高速条件についての資料をリークしたことでも知られている。
アサンジ氏は2012年6月からロンドンにあるエクアドル大使館に身を寄せてきたが、2019年4月11日朝、米国の要請で逮捕されて以来、厳格な体制で知られるベルマーシュ刑務所に収監されている。米国はアサンジ氏に対して新たに、スパイ法違反、機密情報の暴露など17項目の起訴状を突き付けており、米国への引き渡しが実現する場合、175年の禁固刑が科せられる恐れがある。
関連ニュース
英国 アサンジ氏の婚姻申請を受理
ロンドンの裁判所 アサンジ氏の引き渡しに関する米国の訴訟の審理を開始
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала