ムラトフ、レッサ両氏にノーベル平和賞が授与

© AFP 2022 / Stian Lysberg Solum / NTBムラトフ、レッサ両氏にノーベル平和賞が授与
ムラトフ、レッサ両氏にノーベル平和賞が授与 - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2021
ノーベル平和賞に選ばれたフィリピン系女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏とロシアの「ノーヴァヤ・ガゼータ」編集長のドミトリー・ムラトフ氏がスウェーデンの首都オスロ―でのノーベル賞授賞式に出席し、賞状とメダルを受け取った。
2人のノーベル平和賞受賞は10月に発表されていた。レッサ氏、ムラトフ氏の受賞理由についてノーベル賞委員会は「民主主義と恒久的な平和の前提条件である表現の自由を守るための努力に対して」贈るとしている。
レッサ、ムラトフ両氏はセレモニーで授賞のスピーチを行う。
ムラトフ氏はロシア史上初のノーベル賞受賞者となった。ソ連時代には人権擁護、軍縮に尽力したアンドレイ・サハロフ博士(1975年)と、ソ連初代大統領で冷戦終結、民主化に貢献したミハイル・ゴルバチョフ氏(1990年)の2人が受賞している。
関連ニュース
ノーベル平和賞 フィリピン系女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏とロシア人ジャーナリストのドミトリー・ムラトフ氏が受賞
ゴルバチョフ元大統領とムラトフ氏、人権保護団体の解体巡る起訴の取り下げを検察に要請
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала