ドイツ テレワークの男性、自宅で転んで労災認定

© Fotolia / SkyLineテレワーク
テレワーク - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2021
ドイツである男性が自宅でテレワーク中、ベッドからパソコンに向かう途中にケガをしたとして労災を主張。裁判で補償金を勝ち取った。ガーディアン紙が報じている。
男性は自宅のオフィスコーナーに向かおうと螺旋階段を下っていたところ、足を滑らせて背中を打撲。裁判所は、男性は職場に向かっていたとして、労働災害保険を請求できると判断した。
女性 - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2021
リモートワークに慣れた米国市民は、オフィスワークに戻ることよりも辞めることを選択
裁判資料によると、男性は通常「朝食をとらずに即」仕事を開始していたことが確認され、保険のカバー範囲は朝の通勤のみだったことから、この事実が決定的要素となった。男性が朝食をとっていたら補償は請求できなかったとしている。
関連ニュース
ロンドン最高裁 米国によるアサンジ氏引き渡しの訴えを認める
子ども部屋と楽しい交流の用意が職員のオフィス復帰のカギ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала