ウクライナ情勢で米軍派遣の予定は無し、経済制裁で対応=米大統領

© AFP 2022 / Chip Somodevilla / Getty Images North AmericaПрезидент США Джо Байден произносит вступительную речь на виртуальном "Саммите за демократию" в Вашингтоне, округ Колумбия
Президент США Джо Байден произносит вступительную речь на виртуальном Саммите за демократию в Вашингтоне, округ Колумбия - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2021
ロシアとの緊張が高まるウクライナ情勢について、ジョー・バイデン大統領は米軍を派遣する予定は一度もなかったと表明し、仮に情勢がさらに悪化する場合は経済制裁でもってロシアに対抗する姿勢を示した。
バイデン大統領は記者会見で米軍派遣の計画を否定するのかとの質問に対し、「そのようなはそもそも一度も計画されていなかった」と表明した。バイデン大統領はウクライナ情勢が悪化する場合、経済制裁を実施する意向を表明した。バイデン大統領は続けて次のように発言した。
これら全てはロシア、及びロシアに対する世界の態度に影響を与え、ロシアへの見方は劇的に変化する。
なおバイデン大統領は米国、及び北大西洋条約機構(NATO)ともに情勢が悪化したとしても、ウクライナ防衛のために派兵する義務はないと表明していた。また、ウクライナ防衛のために米軍が一方的に派兵することは議論されていないとも指摘していた。
バイデン大統領とプーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2021
露米首脳会談、ウクライナが焦点に
ホワイトハウスは現時点においてロシアがウクライナ侵攻に関して最終的な決定は下していないと判断している。ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はブリーフィングで、「我々はプーチン大統領が決定を下したとはみなしていない」と発言した。また、米国政府はウクライナから米国市民を退避させる必要性についても現時点では表明していない。
米国はロシアがウクライナに侵攻した場合に備え、世界経済システムからロシアを完全に遮断し、ロシアのビジネス、及び国民に大きく影響力を行使する「前例のない経済制裁」を同盟国と検討している。一方、ロシアはウクライナ侵攻の計画を否定し、自国内で部隊を自由に展開する権利があるとしている。
米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2021
米軍がウクライナに軍事支援、「責任ある使用」に期待=ペンタゴン
関連ニュース
バイデン氏がウクライナのNATO加盟を支持、ロシアへの領土譲渡は議論せず=ウクライナ大統領府長官
NATOの狙いはロシアの領土縮小=露大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала