日本共産党、政府に外交ボイコット訴える 「人権抑圧の黙認となりかねない」

日本共産党は13日、来年2月に開催予定の北京冬季オリンピック・パラリンピックについて、開会・閉会式への日本政府代表の不参加は「当然」とする声明を発表した。
同党の公式サイトに発表された声明では、中国政府による新疆ウイグル自治区での人権問題・人権抑圧や香港への弾圧について触れ、「国際的な人権保障の取り決めに反するものであり、同時にそれはオリンピック憲章とも両立しえないものである」と批判。
こうした状態が続いている状況で政府代表を開会・閉会式に派遣することは「中国での人権抑圧の黙認となりかねない」と指摘した。
また、現在、大会の外交ボイコットが問題となっていることから「日本政府は中国政府に対し、従来の及び腰の態度をあらため、国際法にもとづく冷静な外交的批判によって、人権侵害の是正とオリンピック憲章の遵守を正面から求めるべきである」と訴えている。
Заглушка 北京冬季オリンピックの「外交的ボイコット」を表明した国 - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2021
北京冬季五輪 「外交的ボイコット」を表明した国は?
関連記事
IOC、性暴力訴えたテニス選手と中国で面会へ
韓国 北京五輪への外交ボイコットは検討していない=文大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала