モスクワ 28年ぶりの大雪

© Sputnik / Alexey Filippov / フォトバンクに移行赤広場
赤広場 - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2021
ロシアの首都モスクワでは13日から14日にかけて、月間降水量の5分の1の雪が降り、28年ぶりの大雪となった。フォボス気象センターのシニアスタッフが14日、明らかにした。
モスクワでは過去24時間の活発な前線の影響で今冬最大の異常な降雪となり、13日から14日にかけて月間降水量の20%の雪が降った。
フォボス気象センターのシニアスタッフは「気象学者らが9ミリを記録した1993年以来、主要なVDNH(全ロシア博覧センター)気象観測所でこれほどの大雪が観測されたことはなかった。同年は降水量ランキングで降雪が1948年と2位タイで、1位は1976年」と指摘した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала