東京 コロナ感染の女性、健康観察行われず自宅で死亡 病院が謝罪 

© Depositphotos / AkulamatiauМашина скорой помощи на улице в Токио
Машина скорой помощи на улице в Токио - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2021
新型コロナウイルスに感染した女性が今年8月、健康観察が行われないまま東京都内の自宅で亡くなった問題で、保健所へ女性の「発生届」の提出を怠った病院が14日に記者会見を開き、謝罪した。
都内在住の50代の女性は8月6日、武蔵村山市の武蔵村山病院で感染が確認され、自宅待機を始めた。しかし、病院のミスで保健所に発生届が提出されておらず、保健所の健康観察が一度も行われないまま同14日に自宅で死亡した
会見で同院の鹿取正道院長は「病院としては痛恨の極み。亡くなられた患者のご冥福をお祈りし、残されたご家族にお詫び申し上げる」と謝罪した。
病院によると当時、発生届は保健所にファックスで提出していた。しかし、女性が病院を訪れた6日、都内では感染の第5波がピークを迎えており、患者や電話の対応に追われた担当看護師の間で伝達ミスがあったため、発生届が提出されなかったという。
Временный госпиталь для пациентов с COVID-19, развернутый в ледовом дворце Крылатское - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2021
新型コロナウイルス
WHOがオミクロン株による入院および死亡件数の増加を予期
これを踏まえ、病院は7日から感染者情報をオンラインで管理するシステム「My HER-SYS」を導入したほか、チェックする担当者を増やすなどして再発防止に努める方針
また、東京都の小池百合子知事は「亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げる。負の連鎖が続いてしまったことを深く反省し、都庁内にチームを作り改善策をしっかりと重ねていく」と述べた。
関連記事
デルタ株とオミクロン株の「津波」に直面している=WHO
理研 日本で新型コロナ致死率が低い要因を解明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала