森友訴訟の終結受け、正当性強調 首相「可能な限りの対応した」

岸田文雄首相は16日の参院予算委員会で、森友学園問題に関する決裁文書改ざんを苦に自殺した財務省近畿財務局の元職員赤木俊夫さんの妻雅子さんが国に損害賠償を求めた訴訟の終結を受け、これまでの政府対応の正当性を強調した。赤木さんが改ざんの経緯をまとめた「赤木ファイル」の開示をはじめ「可能な限りの対応をした」と語った。財務省の調査報告書の関連文書を不開示とした同省の決定取り消しを国に求めた訴訟については、丁寧な措置を取るように指示したとした。
雅子さん側は、「報告書を作成した際の調査に関連する一切の文書」の開示を請求。不開示決定がされたため、大阪地裁に提訴した。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала