Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

オミクロン感染に今までのコロナと異なる2つの症状 テレグラフ

© REUTERSオミクロン
オミクロン - Sputnik 日本, 1920, 16.12.2021
オミクロンは南アフリカで優勢なコロナウイルスの変異株となった。南アでの調査でオミクロンに特化した新たに2つの症状が示唆されている。テレグラフが報じた。
南ア最大の民間医療保険会社「ディスカバリー・ヘルス」の専務理事のライアン・ノア博士は、オミクロンに感染した患者が腰痛や喉のいがらっぽさを訴えていると指摘している。南ア国内の7万8000件の症例を分析した結果、オミクロン株感染者の入院率はデルタ株に比べて23%低いことがわかった。
オミクロン株の感染は軽症で済むことが多いものの、これが危険性の低いを意味しているわけではない。ノア博士は軽症で済む理由として「おそらく感染やワクチン接種で獲得された様々なレベルの免疫が重症度を変えるのに大きな役割を果たしたと思われる」と要約している。
関連ニュース
英国 オミクロン感染で初の死亡例
WHOがオミクロン株による入院および死亡件数の増加を予期
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала