Apple 必然のリモートワーク環境整備に各社員に1000ドル支給へ

© AP Photo / Kathy WillensApple
Apple - Sputnik 日本, 1920, 17.12.2021
Appleはコロナウイルスの感染拡大を理由に2022年2月1日に予定されていた社員のオフィス復帰を無期限に延期した。これに際し、Appleはリモートワークの環境整備のためとして社員に1000ドルのボーナスを支払いを決定した。ブルームバーグがAppleティム・クックCEOが社内で回覧したメモを引用して報じた。
クックCEOはメモの中で「ハイブリッドワークのパイロット運用の開始を無期限に延期する」と通達している。またオフィス復帰の期日についてはAppleの社員には少なくとも4週間前に通知される。クックCEOは、オフィス復帰の延期理由について「世界各地で感染者が増加し、新たな変異株が出現したため」と指摘している。
クックCEOは社員にワクチン接種と再接種を強く勧めており、「これは間違いなく、あなたとあなたのコミュニティの安全を守るため最良の方法だ」と強調した。
クックはまた、自宅の作業環境の整備用にと各社員に1000ドルのボーナス支給を告げている。「この資金は自宅のワークスペース整備を支援するためのものだが、自由に使ってよい。これについては近日中に詳細を知らせる」
このボーナスは、同社のリテール部門の従業員にも支給される。
関連ニュース
Apple代表が退社を準備 終わらすべきプロジェクトはあと1つ
iPhoneは、情報を意識的に消費するためにつくられた=アップルCEO
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала