安保文書、米と体系統一案 自民で浮上、一体化懸念も

岸田文雄首相が掲げる外交・安全保障政策の長期指針「国家安全保障戦略」など3文書の改定を巡り、自民党内で米政府の同種文書と記載項目などの体系を統一する案が浮上していることが分かった。複数の関係者が18日、明らかにした。
日米の連携強化が目的だが、自衛隊と米軍が過度に一体化し、主体的な判断がしにくくなるとの懸念もはらむ。自民党は20日、3文書改定に向けた議論を始め、5月に政府への提言を目指す。米文書との連動の可能性についても取り上げる予定だ。
3文書は、国家安保戦略のほか「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」。首相は来年末までの3文書改定方針を示している。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала