松野氏、沖縄の不安解消に全力 米軍基地内感染で

松野博一官房長官は19日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した米海兵隊キャンプ・ハンセンを抱える沖縄県金武町長らと同県恩納村で面会し、地元自治体の不安解消に全力を挙げる考えを伝えた。面会後、記者団に明らかにした。
基地内では日本人従業員のオミクロン株感染も判明している。面会には宜野座村、恩納村の村長も同席し、感染対策の徹底を要請。松野氏は「地元の不安が解消されるよう、米側に濃厚接触者の早期特定などを求めている」と説明した。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала