日本 2021年度補正予算が成立 過去最大規模の36兆円に

© AP Photo / Shuji Kajiyama国会(アーカイブ)
国会(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 20.12.2021
日本で20日、18歳以下への10万円給付や新型コロナウイルスの影響を受けた人への支援策を盛り込んだ2021年度補正予算が、参議院本会議で自民・公明両党などの賛成多数で可決・成立した。一般会計の総額は35兆9800億円余りで、補正予算としては過去最大規模となる。日本のメディアが報じた。
補正予算の財源の6割にあたる22兆580億円は、国の借金に当たる国債を発行して賄う。 2021年度の歳出総額は当初予算から3割増の142兆円5992億円、新規国債の発行額は計65兆6550億円で、残高見込み額は21年度末に初めて1000兆円を突破する見通し
補正予算では、18歳以下への10万円相当の給付として1兆2162億円を、新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく減った事業者に対し、最大250万円を支援する費用として2兆8032億円をそれぞれ計上した
また、経済安全保障の強化に向けて半導体の製造拠点の整備に6170億円を、現場で働く看護師や介護士などの賃金引き上げに2600億円を盛り込んだ。
関連記事
10万円給付 日本政府、一両日中に考え方を自治体に示す方針
日本 無料PCR検査の対象者を拡充 補正予算に3000億円計上
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала