沖縄 クラスター発生の米基地兵士、酒気帯び運転の疑いで逮捕

米海兵隊基地キャンプ・ハンセン - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2021
日本の沖縄県にある米海兵隊基地キャンプ・ハンセン所属の兵士が20日夜、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。日本のマスコミが報じた。
逮捕されたのは、米海兵隊キャンプ・ハンセン所属の上等兵、ウィリアム・レナーレス容疑者(25)。
NHKによると、容疑者は日本時間20日午後11時50分ごろ、沖縄県北谷町の国道58号線で酒気を帯びた状態で車を運転した疑いが持たれている。
キャンプ・ハンセンでは、新型コロナウイルスの大規模なクラスターが発生している。
日本のマスコミによると、同基地では186人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されている。
共同通信によると、日本は米側に基地内外での行動制限を要請していた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала