英製薬会社、「経口中絶薬」の使用を厚労省に申請 日本国内初

CC0 / Pixabay / ロシア人の3歳の少女がイビサ島で薬物中毒になり病院に搬送 今週2人目の中毒
ロシア人の3歳の少女がイビサ島で薬物中毒になり病院に搬送 今週2人目の中毒 - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2021
英製薬会社「ラインファーマ」の日本法人は22日、手術をせずに薬で人工妊娠中絶を行う「経口中絶薬」について、日本国内での使用を認めるよう厚生労働省に申請した。承認されれば日本初の経口中絶薬となる。日本のメディアが報じた。
申請が行われたのは、妊娠継続に必要なホルモンを遮断する「ミフェプリストン」と、分娩を誘発する「ミソプロストール」の2種類。同社によれば、臨床試験で妊娠9週までの妊婦120人に投与したところ、93%にあたる112人が24時間以内の中絶に成功し、安全性にも問題がないことが確認されたという。
妊娠 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2021
日本 妊娠中絶の8%が「経済的理由」 新型コロナ影響か
一方、約60%の71人が腹痛や嘔吐などの症状を訴えたほか、このうち45人が薬の副作用と判断された。また、1人が発熱や出血による貧血など重い症状が出たという。
経口中絶薬は、世界80か国・地域で承認されており、世界保健機関(WHO)は「安全で効果的」として推奨している。また、日本では専用の器具でかき出す「掻爬(そうは)法」が一般的だが、子宮内を傷つけるなどのリスクがあるとして、経口中絶薬か真空吸引法に切り替えるべきだと指摘している。
関連記事
妊娠でコロナ感染リスクは3倍高まる
米テキサス州の中絶禁止法、最高裁に差し止め請求へ=バイデン政権
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала