夢遊病の少年、マイナス23度の極寒の中、パンツ1枚で学校にたどり着く モスクワ 

© Sputnik / Maxim Blinovモスクワ 雪
モスクワ 雪 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
22日にかけての深夜、モスクワ南部で夢遊病の9歳の少年が極寒の中、裸足でパンツ1枚のみを履いた状態で学校にたどり着いた。Bazaが報じた。
小学校3年生の少年は、学校までの道のり約700メートルをおよそ15分かけて歩いた。
少年は学校の入り口で意識を取り戻し、強烈な寒さを感じ、驚いたという。この夜、モスクワの気温はマイナス23度まで下がっていた。
少年は急いで家に帰ろうとした。気づいた通りがかりの人たちが、少年にコートを着せ、家の入口まで抱きかかえて運んだ。
救急車が呼ばれ、少年は足の軽度の凍傷と診断された。特に深刻な健康被害はなかった。
少年の両親によると、少年は以前にも睡眠中に部屋の中を歩き回ったあと、ベッドに戻ったことがあったが、家から出たことはなかったという。今後は、住宅のドアをしっかりと施錠し、窓には面格子を設置するという。
関連ニュース
不眠症の死を招きかねない危険な結末が研究で明らかに
医師が指摘 不眠症の対応でやってはいけないこと
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала