プーチン大統領 米国にメキシコ領土の併合を想起させる

© Sputnik / Ramil Sitdikov / フォトバンクに移行ロシアのウラジーミル・プーチン大統領
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、例年の大型記者会見で各国間の領土問題とクリミア併合問題への西側の態度について言及し、米国のカリフォルニア州とテキサス州がかつてメキシコに所有されていたことを想起させた。
米国とメキシコ間の領土について話す中で、「かつてメキシコと米国の間に領土問題が存在したことはなかったですか?カリフォルニアはどこが所有していました?テキサスは?お忘れですか?まあいいでしょう、すべてお忘れですね。クリミアについての記憶みたいには思い出せないようですね」と指摘した。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
プーチン大統領 ロシアの対外債務は世界でも最小レベルまで削減
また、同大統領は、1918年に米国の第28代ウッドロウ・ウィルソン大統領の補佐役の1人が、巨大なロシア領内にシベリア国が現れ、さらに欧州地域に4つの国が出現したら、世界中がさらに安定すると語ったことを紹介した。
プーチン大統領は、「1991年に私たちは自らを分離したが、しかし、欧州のパートナーたちはこれでは足りなかった。(略)これ以上なにが必要だったのですか?なぜコーカサスのテロ組織を支援するのですか?どうしてそれが必要だったのでしょう?さらに崩壊させようとしていますね」と強調した。
最後にプーチン大統領は、北大西洋条約機構(NATO)は常に東方に拡大しており、ロシアは自国の安全を保障したいと思っていると語った。
先に、外国人記者からのウクライナとの全面的戦争がありうるかとの問いに対し、ロシアとウクライナの関係が悪化した時期を振り返った。
また、同大統領は以前、外国人記者がウクライナとの全面的な戦争があり得るかと質問したのに対し、ロシアとウクライナの関係が悪化した時期を振り返った。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала