- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュア全日本選手権開幕 女子SPは坂本が アイスダンスは小松原組がリード

© REUTERS / Issei KatoЯпонская фигуристка Каори Сакамото во время исполнения короткой программы на четвертом этапе серии Гран-при в Токио
Японская фигуристка Каори Сакамото во время исполнения короткой программы на четвертом этапе серии Гран-при в Токио - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
23日、さいたまスーパーアリーナでフィギュアスケートの全日本選手権が開幕した。初日の今日は、女子のショートプログラム(SP)と、アイスダンスのリズムダンスが競われ、女子SPは坂本花織(21)がアイスダンスは小松原美里(29)/尊(30)組がそれぞれリードしている。NHKが報じた。
今回の全日本選手権は北京五輪の代表選考を兼ねていることから、大きく注目を浴びている。女子は五輪出場最有力の紀平梨花選手が怪我で出場を断念したことから、当初から、2番手の選手らの戦いが熾烈を極めると予想されていた。
NHKの報道によれば、首位の坂本花織選手は3つのジャンプをすべて決め、自己ベストの79.23点をたたき出した。2位の樋口新葉(20)74.66点と3位の河辺愛菜 (17)74.27点はわずかな点差で接戦となった。4位に宮原知子(23)73.76点、5位三原舞依 (22)73.66点が入っている。
またアイスダンスのリズムダンスは、小松原美里/尊組が68.16点で首位発進。村元哉中(28)/高橋大輔 (35)組は転倒による減点が響いて63.35点で2位となっている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала