中国 雇用主が求人募集において性別を限定したり、採用面接で結婚や妊娠について尋ねることを禁止する法案の審議が始まる

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon母親 【アーカイブ写真】
母親 【アーカイブ写真】 - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2021
中国では、雇用主が求人募集において性別を限定したり、採用面接で結婚や妊娠について尋ねることを禁止する法案が審議されている。中国新聞社が報じた。
中国の全国人民代表大会は20日、婦女権益保障法改正案の審議を開始した。会議は5日後の25日に終了する。法案は第1読会を通過し、来年にも可決される可能性がある。
中国では性差別が禁止されているが、同分野を規制する法律を明確にする必要があるという。新華社通信によると、提案された案は、基本的な用語を定義し、女性の健康に関する配慮や権利保護の分野でより明確な規範を提供することを目的としている。特に雇用主には、差別やセクハラのクレームを防止、調査、対応するためのメカニズムの構築が義務付けられる
国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチによると、中国では現在、就職面接で女性は子どもを産まないことを書面で約束しなければならないことが多く、求人広告には男性優先と公に記載されているという。
関連ニュース
インド 女性の婚姻開始年齢を引き上げへ 大学進学の機会を対等に
アジア女性を「醜く描い」たとして中国でディオール批判
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала