Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

米国、アフリカ諸国からの入国制限解除 米国内でもすでにオミクロン感染拡大

米国 空港 - Sputnik 日本, 1920, 25.12.2021
米国は、新型コロナウイルス変異種「オミクロン」が発見されたアフリカ諸国からの入国制限を解除する。オミクロンはすでに米国内外で広く感染していることから、状況に影響を与えないと当局が判断した。米国メディアが伝えている。
入国制限解除については、ホワイトハウスのケビン・ムニョス報道官補佐がツイッターで発表。アメリカ疾病予防管理センターの提言に基づき本決定に至ったという。同報道官補佐は「入国制限によりオミクロンについて把握する時間稼ぎができた。既存ワクチン、特にブースター接種がオミクロンに対して機能することもわかった」と綴っている
ロイター通信とCNNは関係者の話として、アメリカ疾病予防管理センターが渡航制限の解除を提言したことを伝えている。米国内でオミクロンは広く感染していること、またオミクロン対策には既存ワクチンとブースター接種で十分であるとの専門家の意見を踏まえ、入国禁止を維持しても感染状況に大きな影響を与えないと判断したという
一方、ファイザー製およびモデルナ製ワクチンの対オミクロン効果は半年後には持続していないとの研究結果も出ている。
関連ニュース
「オミクロン株」が確認された国、さらに増加
オミクロン株の脅威は議論の余地あり=露医療研究所トップ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала