Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ワクチン被接種者がオミクロン株に感染した場合、2つの特徴

吐き気 - Sputnik 日本, 1920, 26.12.2021
これまで複数の医師が、ワクチン被接種者が新型コロナ変異種オミクロン株に感染した場合の独特の症状を指摘している。「Express」紙が伝えた。
同紙によると、新型コロナの全般的な特徴として高熱、咳が長引く、味覚および嗅覚の変化や喪失が挙げられていた。一方、オミクロン株には違いがいくつかある。
疫学専門でキングス・カレッジ・ロンドンのティム・スペクター教授は、ワクチン被接種者がオミクロン株に感染した場合、吐き気や食欲不振が顕著であると指摘している。熱は上がらず、頭痛や喉の痛みを伴うという。また嘔吐も目立ったという。
同紙はまた、オミクロン株の主な症状を挙げている。咳、脱力感、鼻づまり、鼻水の4つが特徴だ。
関連ニュース
ロシアの研究者が「オミクロン株」の画像を公開
オミクロン株感染の子どもに現れる「珍しい」症状とは?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала