ロシアは先制攻撃したことない=露大統領府報道官

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行ドミートリィ・ペスコフ大統領報道官
ドミートリィ・ペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 26.12.2021
ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、ロシアのテレビ「第1チャンネル」に出演し、「ロシアが先に攻撃を仕掛けたことは一度もない」と発言した。
ロシアの今後の措置について問われた報道官は、ロシアがウクライナを侵攻しているという欧米やウクライナからの非難について、ロシアはこれを何度も否定してきたとし、ロシアは何者にも脅威を与えておらず、今後、何者かを攻撃するつもりもないと強調した。また報道官は、欧米諸国は、ロシアによる侵攻という非難を、ロシア国境付近での北大西洋条約機構(NATO)の兵器配備の口実に利用していると指摘した。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
プーチン大統領 ウクライナとの戦争勃発の可能性についてコメント
ロシア外務省は、「ロシアによる侵攻」という欧米の非難と、ウクライナをその侵攻から守るという発言は滑稽であり危険であるとの見解を示していた。しかし、ウクライナと欧米諸国は、最近、ロシアがウクライナ国境付近で「攻撃的な行動」を強化しているとして懸念を表明している。
これに関連して、ペスコフ報道官は、ロシアは自国領内で、独自の判断に基づき、軍部隊の配置を行っているだけであり、これが誰かの脅威になったり、懸念を呼ぶものではないと強調した。
関連ニュース
集団安全保障の交渉再開はまだ間に合う=ゴルバチョフ元大統領
米国、安全保障の交渉で妥協せず=駐露大使
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала