トルコは21世紀の希望の星=エルドアン大統領

© AFP 2022 / Tobias Schwarzトルコのエルドアン大統領
トルコのエルドアン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 26.12.2021
トルコのエルドアン大統領は、2021年のトルコのGDP(国内総生産)成長率が2桁台に達するとして、トルコは21世紀の希望の星であると述べた。
エルドアン大統領は25日、ガジアンテプの与党議員らを前に演説し、「トルコは熟考された政策に支えられた21世紀の希望の星であり、パンデミックの1年目の経済成長がプラスとなった2カ国の1つとなった」と述べ、2021年のGDPの伸び率も2桁になったと指摘した。
大統領は、2002年にエルドアン氏率いる公正発展党が政権に就いたとき、トルコ中央銀行の準備高は275億ドル、IMF(国際通貨基金)の債務額は235億ドルであったとした上で、「現在の準備高は1,200億ドルに達しており、IMFの債務はゼロとなった」と強調。さらにトルコの輸出高は2,210億ドルとなり、記録的な指標に達したと付け加えた。
Президент Сирийской Арабской Республики Башар Асад во время интервью информационному агентству РИА Новости - Sputnik 日本, 1920, 31.10.2021
派遣軍の駐留延長発表したトルコにシリア側が批判の声明を発表
先週、トルコ中央銀行は政策金利を15%から14%に引き下げるとの決定を下し、これを受け、トルコ通貨リラが急落。月曜日の段階で1ドル=18.4リラにまで下落した。しかし、エルドアン大統領が、通貨下落に歯止めをかけるために新たな措置を講じたことから、同日夜には回復傾向を見せた。大統領が措置は、リラの外貨に対する下落率が預金の金利水準を上回った場合、差額を政府が補填するという内容のものである。トルコ通貨は1月には1ドル=7.4リラであったが、史上最安値の時点では60%も下落した。大統領は金利の引き下げはインフラを軽減できるものであるとして、これを支持している。
U.S. President Joe Biden gestures towards members of the media as he arrives at the White House following a stay in Delaware, in Washington, U.S., August 10, 2021. - Sputnik 日本, 1920, 04.11.2021
バイデン大統領がトルコに抗議、露製ミサイルの購入で懸念を示す
先に野党はエルドアン大統領を批判した中で、政府には現状に対応する力がないとし、リラの暴落を背景に大統領選と議会選の早期実施を要求していた。
これに対して、エルドアン大統領は要請を退け、大統領選、議会選ともに予定通り2023年6月に開催すると発表していた。
関連ニュース
トルコが日量4000万㎥の天然ガスを掘削へ=土大統領
SNSは民主主義にとって脅威=トルコ大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала