ウィンザー城侵入の男 英国女王の殺害の意図を自白

© AFP 2022 / Heathcliff O'Malley/Pool エリザベス2世
エリザベス2世 - Sputnik 日本, 1920, 27.12.2021
12月26日にウィンザー城の敷地内に侵入して拘束された男は、犯行の直前にクロスボウを手にした動画を友人に送り、1919年、英国領インド帝国植民地軍が行ったアムリットサル虐殺の報復として「エリザベス2世を殺す」と宣言していた。英サン紙が報じた。
英国警察は25日、エリザベス英国女王一家がクリスマスを祝うウィンザー市の敷地に侵入した19歳の武装した男を拘束した。男は敷地内に入ったものの、建物には入っていなかった。捜索の結果、男はクロスボウを所持していたことが判明した。男はその後、精神鑑定を経て、医療スタッフに引き渡されている
In this Wednesday May 8, 2019 file photo Britain's Prince Harry and Meghan, Duchess of Sussex, pose during a photocall with their newborn son Archie, in St George's Hall at Windsor Castle, Windsor, south England. The Duchess of Sussex has revealed that she had a miscarriage in July. Meghan described the experience in an opinion piece in the New York Times on Wednesday. She wrote: I knew, as I clutched my firstborn child, that I was losing my second. The former Meghan Markle and husband Prince Harry have a son, Archie, born in 2019.  - Sputnik 日本, 1920, 29.11.2021
メーガン妃の子どもの肌の色を気にしていた人物が明らかに 英国王室
サン紙によると、容疑者は逮捕される24分前、スナップチャットのアカウントから友人に動画を送っていた。容疑者は黒いフード付きスウェットにマスクをつけ、カメラに向かってクロスボウで狙いを定め向け、変声器を通し、「私がしたこと、そしてこれからすることについては、申し訳なく思う。エリザベス女王を殺す」と語っていた。
ビデオで容疑者は、自分の行為は「1919年のアムリットサル大虐殺で死んだ人たちへの復讐」であるとも述べている。「殺され、辱められ、人種的抑圧を受けた人々への復讐 でもある。私はインドのシーク教徒だ。私の名前はジャスワント・シング・チャリだった。今の私の名はダート・ジョーンズだ」と言うのが映像から聞こえてくる。サン紙によると、容疑者の顔のマスクやメッセージには映画『スター・ウォーズ』を想起させる要素がある。
スコットランド警察は、現在、刑事らが容疑者の撮影した動画の内容を検証中と明らかにしている
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала