気候変動による2021年の世界の損害額は1700億ドル

© AP Photo / Gerald Herbertハリケーン「アイダ」
ハリケーン「アイダ」 - Sputnik 日本, 1920, 28.12.2021
2021年は気候変動の壊滅的な影響による損害は世界で1700億ドルに上った。慈善団体クリスチャン・エイドのアナリストが世界を襲った最も破壊的な自然災害ワースト10の損害額を計算し、発表した。
8月下旬に米国東部を襲ったハリケーン「アイダ」の損害規模は650億ドルで、世界の被害総額のほぼ3分の1を占めた。熱帯性暴風雨による広範な洪水により、少なくとも95人が死亡し、1万4000人以上が家を離れ、移住を余儀なくされた。
カリフォルニア州 森林火災 - Sputnik 日本, 1920, 29.12.2020
2020年 自然災害は15兆5700億円超の記録的損害をもたらした
2番目に高額な被害は、7月に西ヨーロッパを襲った洪水。洪水はドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグに広がり、死者240人を出したほか、地域経済に430億ドルの損害を与えた。
追って3位は2月に米テキサス州を襲った冬の嵐。異常な寒波と大雪で210人が死亡し、損害は230億ドルにのぼった。
4位以下にはオーストラリア、中国、南スーダン、カナダでの洪水、東南アジアでの台風、アフリカと南米での干ばつ、北米北西部の熱波がはいっている
関連ニュース
治療ワクチンは不在 次のパンデミックはすぐそこに 国連報告書
この半世紀で世界の自然災害の数は5倍に増加-国連
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала