Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ロシアのコロナ治療薬「アビファビル」 デルタ、オミクロン株にも効き目

© Sputnik / Russian Direct Investment Fund / Andrey Rudakov / フォトバンクに移行新型コロナウイルス治療薬「アビファビル」
新型コロナウイルス治療薬「アビファビル」 - Sputnik 日本, 1920, 28.12.2021
ロシアの新型コロナウイルス治療薬「アビファビル」(ファビピラビル)の製造元「ヒムラル」は、同薬が従来のコロナ変異株の他にデルタ株、オミクロン株の治療薬としても効果を発揮すると発表した。
アビファビルは、変異のない個々のRNA複製酵素(RdRp)に作用し、ウイルス感染を完全に阻止することが指摘されている。また、感染した細胞でファビピラビルを長期間作用させても、ウイルスは耐性をつくることはできない。
コロナウイルス治療に使用されたファビピラビルの23の試験の分析によると、発症初期に使用した場合、47%の改善効果が示されている
「アビファビル」は世界15か国以上に供給されている。
製造元の「ヒムラル」のエレーナ・ヤクーボワ医療ディレクターは「発症から3~5日目にアビファビルを服用すると、ほとんどの場合、軽症で済み、入院は回避できる。過去17ヶ月間に世界で400万人以上の患者がファビピラビルの投与を受け、忍容性も高く、新たな有害事象も報告されていないことは、ファビピラビルの高い安全性を裏付けた」とコメントしている。
関連ニュース
富士フイルム「アビガン」新型コロナ治療薬として効能を追加申請 日本で3例目
ロシア保健省 アビガンの後発医薬品、ロシア初のコロナ治療薬として承認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала