Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

将来のコロナ変異株 誰がその発生の原因か 研究結果

© AFP 2022 / Wang Zhaoマスクをつけた人
マスクをつけた人 - Sputnik 日本, 1920, 30.12.2021
米国の研究者らが、免疫不全の人が、新たなコロナウイルスの変異株の発生する原因になりうるという研究結果を発表した。学説はJAMA Internal Medicine誌に掲載された。
ジョンズ・ホプキンズ大学、ネブラスカ大学、コロラド大学、ウィスコンシン大学の教員をはじめとする医療者チームはコロナウイルスに関する国立コホート研究コーポレーションのデータを収集した。データには2020年12月10日から2021年9月16日までの期間にコロナウイルスのワクチンを1回でも接種した人を含めた。
分析の結果、免疫不全の患者の感染リスクはそれ以外の人に比べ、20-33%も高いことが明らかになった。報告には、「HIV感染、関節リウマチ、臓器移植など免疫不全の人は免疫不全のない人に比較すると、ワクチン接種を完了、ないし1回行った後も『ブレイクスルー』感染率がより高く、免疫応答は悪かった」と書かれている。
医師らによれば、免疫不全の患者の体内に長期間あるウイルスでSARS-CoV-2ゲノムの変異の蓄積は加速され、これが新しい変異株の形成を促す恐れがある。
研究者は、免疫システムの弱い人はワクチンを接種していてもマスク着用や社会的距離を続け、遅れずに適宜再接種を行う、定期的な抗体検査を行うなどして、各自がワクチン戦略を遵守するよう勧告した。
関連ニュース
ウイルス学者、新型コロナのパンデミックとの闘いに役立ったウイルスについて語る
WHOが説明 ロシア製コロナワクチン「スプートニクV」承認手続きの遅れ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала