Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

「オミクロン株」の致死率が明らかに

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行感染予防対策用品
感染予防対策用品 - Sputnik 日本, 1920, 30.12.2021
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」は、新型コロナウイルス感染症の過去の波と比較して致死率が75%低い。The Telegraphが、南アフリカ国立感染症研究所とプレトリア大学(南アフリカ)の研究データを引用して報じた。
研究者らは、「オミクロン株」の感染震源地である南アフリカ共和国ハウテン州ツワネに入院している患者たちを観察し、「オミクロン株」に感染して入院した患者の死亡率は4.5%、過去のコロナの波では入院患者の死亡率が21.3%だったことを明かにした。
また研究者たちによると、「オミクロン株」に感染して入院した患者で酸素療法を必要としたのは半数未満、過去の変異株では99.5%だった。
Положительный тест на коронавирус - Sputnik 日本, 1920, 29.12.2021
新型コロナウイルス
手足の発疹は「オミクロン株」に特徴的な症状
集中治療を必要とする患者の数にも大きな差があり、過去の変異株の患者は4.3%だったのに対し、オミクロン株患者は1%だった。
さらに、オミクロン株流行期に入院した患者は平均4日後に退院したが、過去の波では8.8日後だった。
研究者らは、これはまもなく流行が終わり、風土病の段階に入ることを示している可能性があるとの見方を示している。
関連ニュース
アフガンのコロナ感染者収容病院 半数以上が財政難で閉鎖
WHO 来年7月1日までに世界人口の70%にワクチン接種完了を
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала