老化を速める食品 研究で明らかに

CC0 / Pixabay / 糖質
糖質 - Sputnik 日本, 1920, 31.12.2021
砂糖を過度に接種すると老化の速度が速まる。Sinaが英国人研究者デヴィッド・ガン教授の発表を引用して報じた。
研究者らは600人の顔を調べ、血糖値を測定し、参加者を4つのグループに分けた。その結果、血糖値が低い人ほど肌は若々しく見え、逆に血糖値が高い人ほど肌が老けてみえることがわかった。Sinaの記事には糖分が血管を傷つけてしまうことが指摘されている。ところが糖分が人体に及ぼす悪影響はこれにとどまらない。
記事では、フリーラジカルの生成こそが老化の「主犯格」で、抗酸化物質の介入がない場合、「細胞は大量死滅を開始する」ことが指摘されている。
その結果、肌は乾燥し、小じわができ、スキンケアでは解消できなくなる。時間が経つと、肌は柔らかさと弾力性を失い、シワは深く刻まれていく。ただし、糖分は完全に断てばいいのではない。一部の食品の摂取は控えめにするが、天然の糖分を含む果物や米を絶ってはならない。
また、アルコールやトランス脂肪酸の摂取もできるだけ控えねばならない。トランス脂肪酸はサンドイッチ、クッキー、ケーキ、燻製、揚げ物などに含まれる。
関連ニュース
糖尿病治療に絶大な効果の食品とは?
50歳以上の男性の老化を遅らせる食材
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала