危険な小惑星が地球に接近 静止軌道近くを通過か

© 写真 : NASAАстероид Апофис
Астероид Апофис - Sputnik 日本, 1920, 02.01.2022
2029年、もっとも危険だとみられている小惑星が地球に接近する。ロシアの非常事態省の研究所が発表した。
これは直径約393メートルのアポフィス 小惑星(99942 )。研究者らの計算によれば、アポフィスがもっとも地球に接近するのは2029年4月13日。その際の距離は38,400 kmとなり、静止軌道とほぼ同じ距離(35,800 km)となるという。
この小惑星は秒速7,42キロメートルで地球を通過する。次にこの小惑星が地球に接近するのは、2036年の予定。
アテン群に属する地球近傍小惑星のアポフィス は2004年6月に発見された。
潜在的に危険だとみられているのは、物体が月の軌道半径以下の距離(約38万4000km)で地球を通過する場合だ。
関連ニュース
18年前の今日、巨大な火球が地球に衝突 次の落下は危険か?
中国、最大150トンの打ち上げ能力を持つ運搬ロケットを開発中
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала