Горящая полицейская машина во время акции протеста против повышения стоимости газа в Алматы - Sputnik 日本, 1920
カザフスタンでの大規模な抗議活動
2022年1月初め、カザフスタンの住民は、液化天然ガスの価格が2倍に跳ね上がったことに抗議を開始した。抗議デモは国内の各都市に広がり、大規模な騒乱に発展した。

カザフスタン 液化ガスの大規模販売業者に対し捜査開始

© Sputnik / メディアバンクへ移行カザフスタン、デモ(1月5日)
カザフスタン、デモ(1月5日)  - Sputnik 日本, 1920, 07.01.2022
カザフスタンでは、6つの液化ガス卸売業者に対して捜査が開始された。これらの業者には重大な罰金が科される可能性がある。同国の「ハバール24」テレビが伝えた。
先に「スプートニク・カザフスタン」は同国の競争保護当局の情報を引用し、カザフスタンの大規模液化ガス販売業者に価格操作を行った形跡が見られたと報じた。
「ハバール24」テレビは「カザフスタンでは、液化ガスの卸売業者6社に対し捜査が開始された。業者には価格操作を行った形跡が見つかった。販売業者の有罪が証明された場合、重大な罰金が科される」と伝えている。
仮の捜査結果は20日以内に発表される見込み。
大規模暴動 カザフスタン - Sputnik 日本, 1920, 06.01.2022
カザフスタンでの大規模な抗議活動
カザフスタン 大規模暴動で1000人超が負傷
年明け以降、カザフスタン西部の産油地域であるマンギスタウ州ジャナオゼンやアクタウの住民が2倍におよぶ燃料価格の上昇に抗議するため集結したが、他の都市にも抗議行動が広まった。大都市のアルマトゥイでは4日早朝から5日深夜まで治安部隊と抗議行動参加者が衝突、警察はスタングレネードや催涙ガスを使用した。カザフスタン全土ではインターネットが遮断され、多くのテレビ局の放送が一時停止。カザフスタン全土には1月19日まで非常事態宣言が導入された。
1月5日午前、カシムジョマルト・トカエフ大統領は内閣を総辞職させ、安全保障会議の議長に自ら就任。ロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタンが加盟する集団安全保障条約(CST)はトカエフ大統領による要請を受け、カザフスタンに平和維持軍を派遣する決定を下した。CSTの平和維持軍は情勢安定を目的として一時的に派遣される見通し。
関連ニュース
市民グループがカザフスタン初代大統領の記念碑を破壊、治安当局との間で銃撃戦に発展
カザフスタンで非常事態宣言発令 燃料価格高騰に対するデモがエスカレート
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала