米中貿易戦争で他国の輸出は増加

© AP Photo / Carolyn Kaster Председатель Китайской Народной Республики Си Цзиньпин и Вице-президент Джо Байден в США, 2015 год
 Председатель Китайской Народной Республики Си Цзиньпин и Вице-президент Джо Байден в США, 2015 год  - Sputnik 日本, 1920, 11.01.2022
保護主義はグローバル化に対応できなかった。米中貿易戦争は世界市場で悲惨な結果を招かなかっただけでなく、多くの国に新たな貿易のチャンスをもたらした。全米経済研究所と世界銀行のアナリストが、「米中貿易戦争とグローバル再分配」という論文の中でこのように述べている。
アナリストらは今回、2014年1月から2029年12月までの世界貿易の月次データを分析した。その結果、石油輸出国を除く輸出国上位50カ国(米国と中国を含む)が、世界貿易の95.9%を占めていたことが分かった。そこでアナリストらは、これらの国の輸出について分析を行った。
すると、最大の非石油輸出国(米国と中国を除く)は、調査対象期間中に米国などの国々への輸出を増加させており、中国向けの輸出のみが減少していることが分かった。また、外国直接投資の累計額が多い国は、他の国々よりも輸出をより多く増やすことができた。
アナリストらが論文で述べているように、米国が海外サプライヤーとしての中国のシェアが80~90%に近づいている電子機器や商品に対する関税を引き上げなかったため、米中対立による世界貿易への最もネガティブな予測は実現しなかったことが2019年末に明らかになっている。そして2020年、新型コロナウイルスが大流行する中、米国を含むG20の国々は新たな貿易障壁を課すことを拒んだ。しかし、この状況下でも、米中貿易の関税引き上げの一部は2021年以降も存在している。これらを総合すると、アナリストらは、米中貿易戦争は世界貿易の成長を阻害するものではなく、単に世界貿易の流れを再分配したに過ぎないと結論づけている。
スプートニクは以前、2021年11月に行われたバイデン米大統領と習近平中国国家主席の首脳会談で、両国は敵対関係と競争の激化が米中に不利益をもたらすことを認めたと報じた。
関連ニュース
オミクロン出現で中国の世界のサプライヤー覇権に追い風 ブルームバーク
パンデミックの発生により現代社会の世界的な不平等が著しく悪化
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала