ロシアと米国の安全保障に関する条約案

ロシアと米国による「戦略的安定対話」が9日、スイスのジュネーブで始まった。この協議では、ロシアが昨年末に米国に提案した欧州安全保障に関する条約案について本格的な議論がなされた。その内容について、スプートニクがインフォグラフィックでまとめた。
昨年12月、ロシアは安全保障に関する米国との条約案及びロシアとNATOの協定案の2つを公表。西側諸国に対し、北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大停止や、ウクライナなど旧ソ連諸国のNATO非加盟、旧ソ連諸国に軍事基地を持たないことなどに関する法的な保証を要求した。
また、今月12日にはベルギーのブリュッセルでロシアNATO理事会が、13日にはオーストリアのウィーンでロシアと欧州安全保障協力機構(OSCE)の会合が開かれる。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала