ソニーがPS4の生産終了を中止 2022年も継続

CC0 / Pixabay / StockSnap / Playstation (Symbolfoto)
Playstation (Symbolfoto) - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2022
ソニーは、昨年のPS5の損失分を補うため、2022年もPS4の生産を継続する意向だ。ブルームバーグが報じた。当初、同社は2021年にPS4のリリースを終了する計画だった。
パンデミックや部品不足、サプライチェーンに関わる費用の急激な高騰が計画の障害となった。報道によれば、メーカーは単に在庫がないため、より高額なチップの購入ができないという。
2022年に、同社は約100万台のPS4をリリースする予定。これにより、PS5の生産に対する負担が軽減されることになる。PS4は別の種類のチップを使用しており、組み立てが簡易で、顧客に安価で提供できる。
関連記事
インテル、マレーシアに半導体工場建設へ 70億ドル投資
Apple 自社製プロセッサへの完全切り替えを計画 ブルームバーグ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала