「社会に否定的影響」 中国がフィギュア集めのKFCにボイコット

KFC - Sputnik 日本, 1920, 15.01.2022
政権寄りの中国消費者協会(CCA)はケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の行っているフィギュア入りのキャンペーンが食物廃棄につながっているとして同キャンペーンは容認できないとの判断を明らかにした。
BBCの報道によれば、ケンタッキーは中国での操業開始35年のアニバーサリーキャンペーンを行うにあたって、地元の玩具メーカー「ポップ・マート」と協力し、同社製造のおもちゃを入れたブラインドボックスを個数限定で販売開始した。ブラインドボックスは開けるまで箱の中身が見えない仕組みため、子どもの欲しいフィギュア。
中国消費者協会はケンタッキーのキャンペーンについて、多くの国民がフィギュアを集めるためだけに大量に買い占めているため、社会に否定的影響を及ぼしており、食品廃棄の増大を招いており、こうした行為は「社会秩序、道徳、法律の精神に矛盾する」と批判を展開した。
報告には、フィギュアを集めるためだけに、ある消費者は1万494元(18万8千円以上)を費やし、100個以上のブラインドボックスを買い込んだことも追記されている。
関連ニュース
中国 雇用主が求人募集において性別を限定したり、就職面接で結婚や妊娠について尋ねることを禁止する法案の審議が始まる
中国が反発 新疆ウイグルに関する米国法
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала