Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナ感染症による脳のダメージ、アルツハイマー病より強い=専門家

© Depositphotos / Sudok1Изображение мозга на экране монитора в операционной
Изображение мозга на экране монитора в операционной - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2022
アルツハイマー病対策協会は、新型コロナウイルス感染による高齢者の脳の損傷は、アルツハイマー病よりも大きくなることを突き止めた。デイリー・メール紙が伝えている。
同協会では新型コロナウイルス感染者が感染を機に認知機能が低下したことや認知症が進展したことに着目。コロナ感染前は脳の機能低下は見られなかった。感染後は、脳損傷の7つのマーカーが、非感染のアルツハイマー病患者よりも大幅に上がっていた。また新型コロナウイルスにより病院で死亡した場合、これら数値は、退院し自宅に戻った場合よりも高かった。
研究者によると、リスクグループに入るのは重度のCOVID-19罹患者。記憶障害や精神機能障害という症状は長期間、患者に残ると指摘されている。脳機能の回復は可能であるが、長い時間を要するという。
関連ニュース
認知症の最初の兆候とは? ロシアの神経科医が語る
砂糖やトランス脂肪酸の過剰摂取はアルツハイマー病発症につながる恐れ 栄養士が解説
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала