安全保障に関する要求を米国が更に無視すれば深刻な結果をもたらす=露外相

© Sputnik / Press-service of Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation / メディアバンクへ移行Министр иностранных дел РФ Сергей Лавров
Министр иностранных дел РФ Сергей Лавров  - Sputnik 日本, 1920, 22.01.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、米国のアントニー・ブリンケン国務長官とスイスのジュネーブで会談した中で、ロシア側の安全保障に関する要求に米国が今後も応じない場合、深刻な結果をもたらすと牽制した。外相会談後にロシア外務省の公式サイトで発表された。
ラブロフ外相とブリンケン国務長官は21日、ジュネーブで会談した。ラブロフ外相はこの会談について、有益で率直なものだったと指摘した一方、ブリンケン国務長官はロシア側の安全保障に関する提案について翌週にも書面で回答すると約束した。またラブロフ外相は、米国側から書面での回答があった後にブリンケン国務長官と新たな会談を予定すると発表した。
外務省の公式サイトには次のように記されている。
A.ブリンケン氏には次の点が明確に伝えられた。我々の国境付近にNATO同盟国の部隊と兵器が大規模に展開している事態を背景に、とりわけ米国とその同盟国がウクライナ領を軍事的に占領する情勢に関連してロシア連邦が抱く合法的な懸念を今後も無視する場合、これは最も深刻な結果を引き起こす。
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.01.2022
ロシア軍がウクライナ国境を越えれば「侵攻」と見なす=バイデン大統領
また、米国側が安全保障に関するロシアの合意案に前向きに反応する場合、この事態を回避できるとも指摘されている。
そのうえでロシア側は、安全保障に関する米国側からの回答を翌週にも受け取ることを期待していると強調した。
また、会談の中でラブロフ外相とブリンケン国務長官は、外交使節団の機能通常化、及びビザ体制の安定に向けて協力することでも合意した。
関連ニュース
英国 ウクライナに精鋭部隊を派遣
米国、ウクライナから外交官の家族を避難させることを検討
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала