ドイツ 宇宙技術スパイ容疑でロシア人を起訴

© Sputnik / Vitaliy Belousov / メディアバンクへ移行逮捕
逮捕 - Sputnik 日本, 1920, 27.01.2022
ドイツは航空宇宙分野で諜報行為を行ったとして、ロシア人男性を起訴した。捜査内容には、この男性はバイエルンで学術研究員として勤務する一方で、ドイツの開発データを入手する報酬としてロシア対外情報庁から2500ユーロを受け取っていたと記載されている。独検察庁のサイトが明らかにした。
起訴されたのはイリヌル.Nという人物。ドイツの捜査資料では、ロシア対外情報庁は2019年秋よりも前の時点でイリヌル.Nと接触し、ロケット運搬機Arianeの開発段階及びイリヌル.Nの研究をさぐったとされている。
イリヌル.Nは2019年11月から定期的にロシア対外情報庁の高官とドイツで幾度も面会を行い、高官の指示でドイツの航空宇宙技術分野の学研調査プロジェクトについてのデータを渡した。
ドイツ検察庁は、2021年6月21日、イリヌル.Nをスパイ容疑で拘留したことを明らかにしていたが、現時点で同検察庁のサイト上はこの情報にアクセスできない状態になっている。
関連ニュース
イスラエル国防相宅の清掃担当者 イランのためのスパイ容疑
中国でスパイ容疑 日本人男性2人に実刑が確定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала