バイデン大統領、東欧に米軍の少数部隊派遣の見通し 近日中に

© REUTERS / EVELYN HOCKSTEINバイデン米大統領
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 29.01.2022
米政府は、近日中に小規模の米軍部隊を東欧に派遣し始める意向を示した。現地時間28日、ジョー・バイデン米大統領が記者団に向け発表した。
ホワイトハウスの報道発表では「近いうちに、米軍を東欧や北大西洋条約機構(NATO)加盟国に派遣する。大規模ではない」というバイデン大統領の言葉を引用している。
また、バイデン大統領は、ウクライナ情勢について新たな情報があるかと尋ねられ「ここ数時間ではない」と答えた。
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
ラブロフ外相-米国およびNATOとの安全保障に関する交渉はまだ完了しておらず、彼らの回答にも一理ある
24日、米国防総省のジョン・カービー報道官は、米国が欧州に増援を送るため、約8500人規模の部隊を警戒体制に移行させた。ただし、派兵に関する最終決定はまだ下されていない。25日、カービー報道官はCNNの放送で、NATO加盟国以外の欧州に米軍を配備する計画はないと明らかにした。
欧米諸国やウクライナ政府で、ロシアがウクライナに侵攻する可能性があるという疑惑が浮上している。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、このような情報は空虚で根拠のない緊張を高めるものだと指摘し、ロシアは誰にも脅威を与えていないと強調した。またペスコフ氏は、このような発言を正当化するための挑発行為が起こる可能性を否定しなかった。
関連ニュース
ロシア ラブロフ外相「ウクライナを戦争に仕向けたい面々がいるかもしれない」
米国、国連安保理会合でロシアの「軍事力増強」について協議の見通し ウクライナ情勢
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала