Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ホプキンス大学が指摘 ロックダウンは無益、自己隔離は有害

© Sputnik / Alexander Vilf / メディアバンクへ移行ホプキンス大学が指摘 ロックダウンは無益、自己隔離は有害
ホプキンス大学が指摘 ロックダウンは無益、自己隔離は有害 - Sputnik 日本, 1920, 02.02.2022
米国のジョンズ・ホプキンス大学の研究者らは、2020年の春に実施された新型コロナ規制は、米国と欧州の死亡率に微妙な影響を及ぼしたが、重大な経済的および社会的出費につながったと考えている。
研究者らによれば、オープンな場所、特に公園などへのアクセスの制限が、人々に感染リスクがはるかに高い屋内で会うことを促した。
欧米では、ロックダウンにより死亡率は平均0.2%減少しただけで、自己隔離の実施により死亡率は2.9%減少したが、しかし、いくつかのケースで、自己隔離が有害だった可能性がある。
研究者は、「強制的な自己隔離により、家族が感染者を囲むという状態が長期化するおそれがある。そうした環境では、感染者が近親者により多量のウイルスをうつすリスクがあり、それによって重症化が引き起こされる」と強調する。
Толпа людей в масках - Sputnik 日本, 1920, 02.02.2022
新型コロナウイルス
スパコン「富岳」、オミクロン株の感染リスクを分析 マスクしても高リスク
また、報告によれば、制限措置は社会的・経済的状況に悪影響を及ぼしたという。特に、失業者や家庭内暴力の件数、また、薬物の過剰摂取が増加している。その他にも教育課程の質の低下が生じている。
一言でいえば、研究者は隔離政策は重要な役割を果たしておらず、そうした措置はパンデミック時には必要ないという結論に至った。
関連ニュース
「スーパー免疫」はどうしたら獲得できる? 研究者がその方法を解明
「オミクロン株」に感染した際の咳の特徴
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала