「コロナ検査の夢を見た」 クロスカントリースキー五輪女王を悩ました悪夢

© AFP 2022 / Christof Stacheテレーセ・ヨーハウグ氏
テレーセ・ヨーハウグ氏 - Sputnik 日本, 1920, 04.02.2022
2010年五輪女王であるノルウェーンのクロスカントリースキー選手、テレーセ・ヨーハウグ氏(33)が、北京冬季五輪出場を前にした苦しい体験を打ち明けた。彼女はコロナ検査で陽性となる悪夢に悩まされたと語った。
NRKのインタビューに同選手は、「先週、今回の五輪で失敗するのではないか、病気になるのではないかという恐怖の中で過ごしました。夜ごと、コロナウイルスの検査の夢を見ています。検査ではさまざまな結果が示されました」と打ち明けた。
彼女は、ノルウェーのスキーヤー、ハイディ・ウェン選手とアンネ・チェルスティ・カルバー選手がイタリアのトレーニングキャンプで陽性反応となったニュースを聞き、大会出発までの数日のうちに悪夢に悩まされ始めたと語った。
トーマス・バッハ会長 - Sputnik 日本, 1920, 03.02.2022
北京五輪 安全で素晴らしい大会に向けた準備、全て整った=バッハ会長
テレーセ・ヨーハウグ選手はバンクーバー五輪のリレーで金メダルを獲得するという輝かしい成績を残している。また、同選手は14回世界王者となり、ワールドカップで3回優勝している。
関連ニュース
フィギュアロシア代表 全メンバーが北京出発前の検査で陰性
北京五輪、記録的な数の女子選手が参加へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала